ウェディング

アールキューブ(会費婚)の口コミ・評判まとめ!

アールキューブ(会費婚)の口コミ・評判まとめ!

結婚式を検討しているカップルの中には、会費制ウェディングに興味を持っている人も多いのではないでしょうか。

一般的な結婚式は、いわゆる「ご祝儀制」になります。しかし最近では、ゲスト全員から定めた金額しかいただかない「会費制」の結婚式を選択する人も少なくありません。

このページでは、会費制の結婚式に特化している会費婚について、「実際に利用した先輩花嫁の口コミや評判」から「会費婚を利用するメリット・デメリット」まで紹介しています。

詳細ページ公式ページ

「会費婚」とは

さて、まずは会費婚についてご説明させて頂きたいと思います。会費婚は実際どのようなシステム出やすくなっているのか、どんな事をしているサービスなのか、じっくり紐解いていきましょう。

自己負担5万円と残りを会費でまかなう結婚式

会費婚は、RCUBE(アールキューブ)という会社が経営している、会費制結婚式をコンセプトとして「会費で結婚式ができる」をモットーに展開しているサービスです。

今の日本の結婚式の平均的な費用は350万円以上。会費婚は従来の費用の半額、しかも会費を除いた自己負担金は5万円で結婚式を挙げることができます。これが会費婚の一番の売りとなっており、そして更にプラン内容のクオリティには自信を持たれています。

自己負担が後から値段が釣り上がらないよう、必要なアイテムをあらかじめパッケージ化して用意されているのがこの「会費婚」というサービスなのです。

元々貯金が無くて…とか、金銭的にもったいないから挙式を挙げるのはちょっと…という理由から、日本のカップルの2組に1組は挙式を挙げないまま終わってしまう、というパターンが増えているんだそうです。そんな中で、金銭面からクリアにして挙げやすい挙式を作り上げようと立ち上げられたサービスなんだそうですよ◎

だからといって実際は自己負担なく会費内で納めようとすると、会費額が3万円を超えることもあるようです。会費制で招待する場合、1~2万円が相場とのサイトもありますので、なかなか2万円を超える会費額には設定がしづらいようです。関東・関西・東海ではまだまだご祝儀制の結婚式が主流で、会費制結婚式は馴染みが薄いようです。

ただ、従来の結婚式に比べると費用は抑えられますが、その反面”引出物や引菓子”が含まれていなかったり、”お色直しや親族集合写真”などのサービスは全て追加料金になることから、自分たちのやりたいことをしっかりと事前に理解しておくことが必要となってくるのではないかと私は考えています。

会場は全国130以上の中から選べる!

「会費婚」の画像検索結果

会費婚では、首都圏の有名高級ホテルやレストラン、ゲストハウスなどを含めたご希望のパーティースタイルやご人数に合わせて選ぶことが出来ます。サイトや資料ではご紹介できていない会場含め約130会場より選ぶことが出来ます。

逆に言うと、会費婚と提携していない会場での会費婚は出来ない、という事にもなってきます。ただ、提携している会場ならば会費婚のプランが適用されるので、かなり安くサポートしてくれます。

また会場見学はもちろん試食会なども案内してくれたりするので、実際のイメージを見ながら検討する事ができるというのもとっても良いシステムなのではないでしょうか。

このような形で、全国に展開するホテル・レストランなどから選ぶ事が出来ます。ただ、全国に数千以上もある挙式会場の数と比べると、さすがに提携数は少なくなっていますが、それは「会費婚」が可能な場所になるからです。

やはり、通常の挙式と同じようなプランで行うとなると、会費だけでは賄えなくなってくるのが基本なので、もし挙式を挙げたい式場等がこの検索ページに無ければ会費婚は出来ないので、別の形で考え直すしかないという事になってしまいますので、そこは打ち合わせの際に確認してみてくださいね。

プランが安いのにドレスも超豊富

「会費婚」の画像検索結果

会費婚の衣装・ウェディングドレスは、メディアでも話題の人気ブランドからオリジナルまでを豊富に取り揃える TAKAMI BRIDAL、クチュールナオコと提携し、多彩なデザインと 豊富なサイズを沢山用意してくれます。自分で衣装やウェディングドレスを持っていなくても、会費婚の提携ドレスをレンタルする事が出来ます。

基本的に、ウェディングドレス代というのは挙式費用の中でもかなり高価になっており、お色直しなんかをしたらかなりの額になってしまうもの。ドレス代をどう節約するかで費用もかなり変わってきます。

更に、一般的にドレス&タキシードにかかる平均費用は26.5万円と言われており、会費婚のプレミアムプランだと、25万円のプラン料金に40万円分の衣裳代が含まれているので一般平均金額よりもグレードの高い衣裳を選べることになります。

後払い・持ち込み等もOK!

会費婚でとっても嬉しいシステムなのがこの二つ。まず一つ目は、後払いがOKという点です。

結婚式費用といえば、どこのブライダル会社や挙式会場も殆どが前払い制となっており、事前準備金が必要となってきます。それに対して会費婚は後払いでOKのシステムなので、当日集まった会費をあてがい全て支払うことができます。

後払いができるという事は、100万円以上の貯金が現段階に無かったとしても、挙式を挙げる事ができる…という事になります。これはかなり嬉しいポイントになってきますよね。

そして2つ目は、持ち込みOKでしかも持ち込み料金が無料というところ。会費婚では、衣装や小物含め全て持ち込み無料です。 ご祝儀制の場合は引き出物が必要になりますが、 これも勿論お好きなものをお持ち込んでも大丈夫です。

これが無料になっているというだけで、挙式費用としてもかなり安く抑える事が出来ます。基本的な挙式会場では、持ち込み料金がかかってしまい、さらに持ち込む分の材料費がかかってしまうところですが、会費婚ではそのあたりがすべて無料としてケアされているので、費用が無駄に膨らむ事はありません。

しかも、持ち込みが自由という事は、すべて自分の思い通りのものを持ってきて良いし、使って良いという事になりますので、かなり自由度の高い挙式を挙げる事ができるというところもかなりのメリットになります。

会費婚ラウンジは全国で5店舗

会費婚のラウンジは、全国で5店舗展開されています。場所は、表参道・大阪・名古屋・福岡・横浜の5店舗です。相談ラウンジでは、直接様々な会場を紹介して下さったり、プランについての詳細を教えてくれるのはもちろんの事、相談されている方々の悩み相談などもバッチリ受けてくださいます。

挙式を挙げるのは人生で初めて、という方がほとんどだと思いますので、わからない事だらけですよね。そんな悩みも勿論解決して下さいますので、安心してくださいね◎

ちなみに、期間限定にはなってしまいますが、Amazonギフト券3000円分プレゼントのキャンぺーンも行っています。こちらは、ラウンジに行かれたカップルの方にプレゼントされる特典です。少しでも気になられている方がいましたら、試しに一度、ラウンジに相談しに行かれてみてはいかがでしょうか?

詳細ページ公式ページ

会費婚のメリット

では、会費婚で結婚式をあげるメリットは何でしょう?安くできる以外も様々なメリットがあります!

会費婚メリットまとめ

  • 専属のプランナーがついてくれる
  • 打ち合わせが3回で済む
  • 持ち込み料はすべてタダ
  • チャペルもタダで使える
  • プチギフトがついてくる
  • 写真データ付き
  • 明朗会計

まとめをみるとわかるようにメリットかがなりあります。
下記で一つひとつ詳しく見ていきましょう。

専属のプランナーがついてくれる

会費婚には専属のプランナーさんがつき、最後まで1人で担当してくれます。

なので、連絡ミスもなく毎回スムーズに打ち合わせを行うことができます。

プランナーさんは式当日、会場には来ないというところが多い中、ずっと相談に乗っていただいていたプランナーさんが会場にいるだけで安心感が違います。

しかも、「共済を利用すると安くなる」など、専門の結婚式場では提案してくれないような「どうすれば安くなる」という具体的な提案してくれるので、とても相談しやすい雰囲気になっています。

打ち合わせが3回で済む

結婚式はこだわってプランニングしたいけれど、何度も打ち合わせに行くのは面倒…という人は多いもの。

会費婚の打ち合わせは基本「3回」で済みます!

忙しい人や、パパママ婚で子供を連れていくのが大変な人、遠方の人など、少ない回数で打ち合わせが済むのはとっても嬉しいものです。

もちろん、もっと打ち合わせをして話を詰めたい!というこだわりカップルは打ち合わせ回数を増やせますし、逆に3回もいやだといえばメールだけでの打ち合わせもアリなんだそうです。

持ち込み料はすべてタダ

通常の結婚式では持ち込み料に悩まされるもの。

衣装にペーパーアイテム、ブーケなどなど。

会場で提携している会社を使うより外注した方が安いのに、持ち込み料で10万円以上かかってしまうケースも多いので、持ち込み料は馬鹿になりません

先輩カップルは挙式で行ったLAのポストカードを使ってテーブルコーディネートしている人ともたとか!!

会費婚ならではの「持ち込み料がすべてタダ」だからできること。これは嬉しいメリットです。

チャペルもタダで使える

提携会場の中にはチャペルを併設している施設もあります。

普通ならチャペルの使用料金がかかってしまうのは当然!

でも、会費婚ならチャペルもなんとタダで使用できます。これはなかなかないサービスです。

人前式に限ってですが、チャペルを使うことでより厳かな結婚式がかなえられますね。

プチギフトがついてくる

会費婚では2つのプランすべてにプチギフト500円分がついてきます。

会費婚で取り扱っている様々なカタログの中から好きな物を選べるのは嬉しいサービス。

会費制の結婚式はご祝儀がない分、引き出物を贈らないのが慣例ですが、その代わりささやかなプチギフトを用意します。

1人500円としても招待客50人なら25,000円。

それがあらかじめついてくるのですから、普通では考えられません。

写真データ付き

プランに含まれているプロのカメラマン。

先ほども話しましたが結婚式プランに含まれている「写真」はセット価格がほとんどで、アルバム1冊と決められた枚数のスナップ写真といった具合ですが、会費婚のプランは追加料金なしになんと全データ付き!

アルバム作成はついてきませんが、アルバムよりもデータが欲しい!という人の方が多いので、写真データ250枚以上というプランはとってもお得です。

ニコニコ明朗会計

会費婚では料金を分かりやすくするために「メニュー表」が用意されています。

一つ一つ、何をしたら別途いくらかかるのか、料金の透明化に努めているので、気づかないうちに費用がかさんでいる!という事態を免れることができます。

オプションを追加すると口頭や見積もりで料金を教えてくれます。悩んだ際はメニュー表であらかじめ料金を確認できる方が分かりやすいですよね。

詳細ページ公式ページ

会費婚のデメリット

メリットの多い会費婚ですが、デメリットももちろんあります。

会費婚デメリットまとめ

  • 地方ではまだ展開していない
  • 年配者が戸惑ってしまう
  • 人気の日取りに結婚式がしにくい

地方ではまだ展開していない

会費婚は大都市(関東・東海・関西・福岡)のみで現在展開されており、残念ながら北海道・東北・北陸では利用できません。

今後、エリアを広げていくようですが、全国的にサービスを受けられる体制が整っていないところは少し残念、今後に期待したいですね。

年配者が戸惑ってしまう

「会費制結婚式」というと年配者は戸惑う事が多いでしょう。

ご祝儀はいらないと言われても、やっぱり少し包んだ方がいいんじゃないか?といらない気をもませてしまったり、引き出物がない事に驚きを隠せないことも。

招待客に年配者がいる場合は、あらかじめ会費制の結婚式について説明するなど配慮をした方が良いでしょう。

人気の日取りに結婚式がしにくい

会費婚は自社で結婚式場を所有していないので、他の会場を借りて結婚式を行います。

ですので、オンシーズンでかつ人気の土曜日の大安などの日にちは予約が取りづらいケースがあるみたいです。

会場側としてもやっぱり日取りの良いところは、自社のお客様で結婚式をしたいと思っているのでしょうね。

まとめ

現在限られた地域でしか利用できない「会費婚」ですが、自己資金5万円から満足のいく結婚式があげられる、今注目の会費制結婚式プロデュース会社です。

結婚式をあきらめるカップルも多い中、会費婚なら従来よりも少ない自己負担額で結婚式を挙げることが可能!という事でこれからますます人気が出そうな予感。

資金がなくてナシ婚を選択しようとしている人、リゾートウエディングで1.5次会を考えている人、授かり婚で式まであまり時間がない人などは特に会費婚に向いています。

なんと、相談をした方の9割が実際に話を聞いて契約をされているとのことです!

詳細ページ公式ページ